VBoxManage

2014年02月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

実は初のVagrant Boxエントリ

logo_vagrant-81478652

Vagrant Box生活してる人にだけ伝わればよい。そんな内容。更に限定すると、Vagrant/VirtualBoxの組み合せで生活をしていて、vagrant packagePackerを使わずにVagrant Boxをbuildするような内容の濃い生活をしてる人。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
設定項目(VirtualBox)
  • Serial Port: 1つ有効化
/var/log/messagesに出続けるメッセージ

余りにも最小設定・最小構成すぎて、syslogにガンガン書き込まれていた。

このメッセージが出てる原因は、/dev/ttyS0は存在するけども、デバイスとして認識されてない事。VMの構成要素にシリアルポートを追加し忘れていた。

box.ovfを修正

box名によってbox.ovfのファイルパスは異なる。

  • ~/.vagrant.d/boxes/${name}/virtualbox/box.ovf
修正前
修正後: slot="0"enabled="true"

vagrant reloadvagrant upによりシリアルポートが1つ追加された構成でVMが起動する。

あとがき

本エントリではbox.ovfによる修正を行ったけども、Vagrantfileから有効化・無効化する方法もある。その場合は、VBoxManagemodifyvmコマンドに指定するオプションを知っている必要がある。最終的には、VagrantBoxVagrantfile、どちらで指定するのかなどプロジェクト単位における構成管理方針次第か。provider固有設定する必要がある限りは、存在し続ける悩ましい課題の1つ。

参考文献



編集
@hansode at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

bondingを検証したい

logo_vagrant-81478652

bondingを3セット、そんな検証環境が欲しかった。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
設定項目
  • NIC枚数: 7(6枚追加)
  • インターナルネットワーク: 3本
Vagrantfile

bondingインターフェースとスレーブインターフェースの構成。

  • bond0
    • eth1
      • eth2
  • bond1
    • eth3
      • eth4
  • bond2
    • eth5
      • eth6
    # -*- mode: ruby -*-
    # vi: set ft=ruby :

    # Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
    VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

    Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
      config.vm.box = "centos-6-x86_64"

      config.vm.provider :virtualbox do |v, override|
        config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true

        # bond0: eth1, eth2
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic2",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic3",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet2", "bond0"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet3", "bond0"]
        # bond1: eth3, eth4
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic4",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic5",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet4", "bond1"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet5", "bond1"]
        # bond2: eth5, eth6
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic6",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic7",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet6", "bond2"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet7", "bond2"]
      end
    end

ここで注目したいのは、単にintnetを追加するだけでなく、bondingペア毎にintnetを構成してる事。--intnetXで指定しない場合は、VirtualBoxは全て "intnet" としてインターネットワークを構成する。

あとがき

もはやVBoxManageコマンドを相当意識しないと細かな設定を行えない。

参考文献



編集
@hansode at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

VMware非依存な検証内容はVirtualBoxへ

logo_vagrant-81478652

本エントリは、『Vagrant-VMwareにおける基本設定Vagrantfile - 狙ったMACアドレスを指定する』のVirtualBox編。

検証作業を進めて行くと、実はKVM非依存環境で良い事が分かった。そこで、複数ノード・それぞれ狙ったMACアドレス指定する検証をVirtualBox環境で構築した。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
設定項目
  • node01
    • ethernet1.addressType: static
      • ethernet1.address: 52:54:00:00:01:01
  • node02
    • ethernet1.addressType: static
      • ethernet1.address: 52:54:00:00:02:01
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.provider :virtualbox do |v, override|
    v.customize ["modifyvm", :id, "--nic2", "intnet"]
  end

  config.vm.define "node01" do |node|
    node.vm.provider :virtualbox do |v, override|
      v.customize ["modifyvm", :id, "--macaddress2", "525400000101"]
    end
  end

  config.vm.define "node02" do |node|
    node.vm.provider :virtualbox do |v, override|
      v.customize ["modifyvm", :id, "--macaddress2", "525400000201"]
    end
  end
end

注意点

  • macaddressX の数字は、1から始まるindex
  • MACアドレスに : を含めてはいけない
あとがき

VMwareで凝った設定をしようとするとVMXの知識が必要であるように、VirtualBoxで凝った設定をしようとするとVBoxManageコマンドの知識が必要となる。

参考文献



編集
@hansode at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)