未来のために

2015年01月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加

本エントリは、@mikedaさんの下記エントリに影響を受け、書き始めた。

自分もblogへアウトプットしていなくなっていた。自分も書かなくなった理由を振り返ってみた。

約3年前からアウトプット先がGitHubへ

内容と共に、アウトプットが多い順に並べる。

定期的にblogエントリを書いていた頃よりも、総アウトプット数は増えている。例えば、約1年前の時点でGitHubの芝生を365日間以上継続して生やした事がある。

なお、コミットの大半は、インフラのコード化作業(Code as Infrastructure)だ。どうやら、GitHubにアウトプットして満足感を得て終わってしまってたようである。仕事そのものは上手く運ぶようになった。

総アウトプット数が増加した一方で、減少したのは中長期的に振り返る事だ。そう、、、blogだ。

振り返りツールとしてのblog

GitHubへのアウトプットは、粒度が細かい。それゆえ、概要や中長期的な内容を把握する事は困難である。振り返りツールとしてblogを活用する事が必要だ。かつての自分自身のエントリの大半は、そう言った内容が多かった。振り返りエントリを書き溜めてなかったからこそ、聞かれる事が幾つかある。

  • Wakame-vdc
    • 開発舞台裏
    • 冗長化
  • CI環境周り
    • 変態Jenkinsクラスタ
    • 構築する際の苦労談

これらを週1ペースを目安に、2015年前半でまとめ終えたなら、振り返り習慣を取り戻しつつ、周りが欲するドキュメントの一部を提供出来る。

未来のために。




編集
@hansode at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

6年半を振り返る


当時、転職をしようと思ったのは単純な動機だった。

サーバ管理したい。UNIXの腕を磨きたい。
もう、仕事としてのプログラミングは良いや…

そして転職した先がデータホテル
今なら、トップページの写真の中に顔を覗かせている。
ウォーリーを探せ。



思惑とは裏腹に…


期待通りにサーバエンジニア集団だった。
ただ、大半のスタッフに足りないスキル。それはプログラミング。

プログラムを書けるスタッフが居なかったので、
何となく自分にプログラムを書く案件がアサインされ始めた。

やがて、歯車はズレ始めた…?
心の中では、
もっとサーバいじくりたい

そう、思えば思うほど、サーバをいじくる機会が減って行く。
結果的に、プログラミングのスキルは伸びた。
そして、やりたい事とは違っていた。



当時の熱い思いが蘇る


自問自答。

  • 数百台、数千台のサーバ管理の仕組み作りはしたのか?
  • 今後、数百台、数千台のサーバを相手にする機会はあるのか?
  • やり残したことがあるんじゃないか?

頭の中には、「数千台を管理する仕組み」はほぼ出来上がっている。

このまま形にしないままで良いのか…?

やはり、自分はサーバを相手にもう少し遊びたい。



インフラ作りの専門部隊


4月からインフラ周りを専門にするグループが新設された。
多分、そこなら頭の中の構想を形に出来る部署。

週1日で仕事させてもらえないだろうか…?
週4日は自分の会社で仕事をする。

そんな考えが生まれ始めた。
正社員ではなく、バイトで良い。

オラ、インフラ作りしたいぞ!

何と言うワガママ。



編集
@hansode at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加

初の実用的スクリプト作成


Rubyで作って

そう言われたので、いよいよコーディング。
そして、すぐにぶち当たる壁。葛藤。

多言語でなら…

しばらく付き合ってみないと癖を理解出来ないのは、
多言語でも同じ事。

結局、
要求を全て満たせるものは出来上がらなかった。

まだまだこれから。
修行あるのみ。




同僚の誕生日


おめでとう!

未来のために描こう


仲間と集合。
未来を描く話。

気温が低い事もあり、モツ鍋。

NEC_2401
Powered by PICS


味噌味のモツ鍋。

NEC_2402
Powered by PICS


和牛ハツ刺し。

NEC_2403
Powered by PICS


つくね

NEC_2404
Powered by PICS


美味いんだな、これがっ。
生ビールはモルツ。

他にもたくさん頼んだ。
いや…頼みまくったやつが1人。
黒田でテーブル一面に料理が乗ったのを初めて見た。
お腹一杯。


ひたすら前向きな話をした約4時間。
後ろ向きな話をしないのは良い。
あっと言う間に過ぎ去った。

来月にでもまた集ろう。



編集
@hansode at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)