個人環境

2015年03月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人作業環境を一撃セットアップ

身近なメンバーに説明する手頃な材料が欲しかったので、本エントリを書いた。

作業ノードを転々としていると、各所に作業環境を構築する回数が多くなる。作業対象が使い捨てである事が増えれば増える程、その傾向が強くなった。構築回数が多いからこそ、整理する機会に恵まれていたとも言う。その結果、今ではログイン後に下記コマンド1行を実行するだけだ。

$ curl -fSkL https://raw.githubusercontent.com/hansode/env-bootstrap/master/build-personal-env.sh | bash

build-personal-env.shの処理を掘り下げて行く。

build-personal-env.sh 処理概要

  1. mkdir -p ${HOME}/repos/git/github.com
  2. hansode/dotfiles${HOME}/repos/git/github.com/に配置
    1. cd ${HOME}/repos/git/github.com/ && make
    2. make 実行により、自分好みのdotfilesが配置・セットアップされる

dotfilesdotfileだけを管理し、env-bootstrapdotfilesをセットアップする。dotfilesにセットアップスクリプトを置いても良いが、役割分担を明確にする為にも別プロジェクトで管理している。今(2015/03/27現在)は、たまたまdotfilesしか扱ってないが、他のプロジェクトを扱いたい場合は、今の様に役割分担してる方が柔軟な管理が可能。かつては別プロジェクトを扱っていた経緯がある。

dotfilesが環境を判定

作業対象は複数あり、プラットフォーム毎に必要なdotfileが異なって来る。

  • Cygwin 1.7 / Windows 8.1
  • MacOS 10.10 (Yosemite)
  • Raspbian 7.6 (Wheezy)
  • Fedora release 20 (Heisenbug)
  • CentOS-6.6/6.5/6.4
  • CentOS-7.0.1406

例えばCygwin環境にはDropboxをインストールしているので、Cygwinのホームディレクトリからアクセスしやすいようにしている。また、CygwinとMacOSでは、Vagrantを扱う事があるので、Vagrant環境を整理している。

自身の${HOME}構造を標準化

build-personal-env.shが配置するdotfileswork/repos/git/github.com/dotfiles配下。これは自分だけのルールであり、第三者に強制されるものではない。長年の経験から程よく管理しやすい構造として辿り着いた構造は、下記の通り。

まとめ

自分が実施して来た手順を整理すると、こうなる。

  1. dotfilesを整理する
  2. dotfilesをセットアップするスクリプトを管理
  3. ${HOME}構造を標準化する
  4. 1〜3を繰り返す

自分は上記順序で整理して来たが、1〜3の順序に根拠や強制力は無い。整理出来そうな所から整理すれば良い。重要なのは、整理する事だ。

関連成果物




編集
@hansode at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)