Vagrant

2014年02月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

実は初のVagrant Boxエントリ

logo_vagrant-81478652

Vagrant Box生活してる人にだけ伝わればよい。そんな内容。更に限定すると、Vagrant/VirtualBoxの組み合せで生活をしていて、vagrant packagePackerを使わずにVagrant Boxをbuildするような内容の濃い生活をしてる人。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
設定項目(VirtualBox)
  • Serial Port: 1つ有効化
/var/log/messagesに出続けるメッセージ

余りにも最小設定・最小構成すぎて、syslogにガンガン書き込まれていた。

このメッセージが出てる原因は、/dev/ttyS0は存在するけども、デバイスとして認識されてない事。VMの構成要素にシリアルポートを追加し忘れていた。

box.ovfを修正

box名によってbox.ovfのファイルパスは異なる。

  • ~/.vagrant.d/boxes/${name}/virtualbox/box.ovf
修正前
修正後: slot="0"enabled="true"

vagrant reloadvagrant upによりシリアルポートが1つ追加された構成でVMが起動する。

あとがき

本エントリではbox.ovfによる修正を行ったけども、Vagrantfileから有効化・無効化する方法もある。その場合は、VBoxManagemodifyvmコマンドに指定するオプションを知っている必要がある。最終的には、VagrantBoxVagrantfile、どちらで指定するのかなどプロジェクト単位における構成管理方針次第か。provider固有設定する必要がある限りは、存在し続ける悩ましい課題の1つ。

参考文献



編集
@hansode at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

bondingを検証したい

logo_vagrant-81478652

bondingを3セット、そんな検証環境が欲しかった。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
設定項目
  • NIC枚数: 7(6枚追加)
  • インターナルネットワーク: 3本
Vagrantfile

bondingインターフェースとスレーブインターフェースの構成。

  • bond0
    • eth1
      • eth2
  • bond1
    • eth3
      • eth4
  • bond2
    • eth5
      • eth6
    # -*- mode: ruby -*-
    # vi: set ft=ruby :

    # Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
    VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

    Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
      config.vm.box = "centos-6-x86_64"

      config.vm.provider :virtualbox do |v, override|
        config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true

        # bond0: eth1, eth2
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic2",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic3",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet2", "bond0"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet3", "bond0"]
        # bond1: eth3, eth4
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic4",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic5",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet4", "bond1"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet5", "bond1"]
        # bond2: eth5, eth6
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic6",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic7",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet6", "bond2"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet7", "bond2"]
      end
    end

ここで注目したいのは、単にintnetを追加するだけでなく、bondingペア毎にintnetを構成してる事。--intnetXで指定しない場合は、VirtualBoxは全て "intnet" としてインターネットワークを構成する。

あとがき

もはやVBoxManageコマンドを相当意識しないと細かな設定を行えない。

参考文献



編集
@hansode at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加

bridgeインターフェースを追加する時は特にIPアドレスは不要

logo_vagrant-81478652

2枚目のNICを追加し、bridgeインターフェースを作成した環境で検証したい。そうした場合、private_networkに属したNICを追加すれば良いのだが、IPが必須パラメタとなっている。そんな場面の回避策。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
  • VMware Workstation 10.0.1 build-1379776
設定項目
  • NIC枚数: 2
  • config.vm.network "private_network", ip: "0.0.0.0"
Vagrantfile

特定provider非依存パラメタであるので、virtualboxであろうがvmwareであろうが、有効設定。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.network "private_network", ip: "0.0.0.0"
end

キモは、 0.0.0.0。

前述した通り、IPは必須パラメタなのである。仮に省略した場合はエラーとなる。これは後ほど触れる。8割り以上の設定では、NICとIPアドレスが対となる構成なのだろうけども、bridgeインターフェースを作成したい場合は、邪魔である。

参考までに、IPアドレス指定しない場合

前述のVagrantfileとは違い、ip: "0.0.0.0"を指定しない場合。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.network "private_network"
end

$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
There are errors in the configuration of this machine. Please fix
the following errors and try again:

vm:
* An IP is required for a private network.

実行結果により、private_network指定の場合、IPは必須パラメタである事が分かる。

あとがき

『IPアドレス設定は、provisioner任せにした方が良さそうだ。』と言うのが、これまでのVagrant生活の経験則として落ち着いて来た。

参考文献



編集
@hansode at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

shared folder不要な場合もある

logo_vagrant-81478652

例えばshared folder非依存な場合がある。そんな時はshared folder機能を無効化しておく事により、起動時間を短縮可能だ。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
  • VMware Workstation 10.0.1 build-1379776
設定項目
  • config.vm.synced_folder: disabled: true
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true
end

特定provider非依存パラメタであるので、virtualboxであろうがvmwareであろうが、有効設定。また、provider毎に有効・無効する事も可能。今の所、shared folderを使う場面に遭遇した事が無いので、個人環境では基本的に無効化している。

あとがき

本エントリでは無効化する話が主題だけども、本来はマウントポイント変更(/vagrant -> /path/to/mnt)する使い方が多いのだろう。

参考文献



編集
@hansode at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

VMware非依存な検証内容はVirtualBoxへ

logo_vagrant-81478652

本エントリは、『Vagrant-VMwareにおける基本設定Vagrantfile - 狙ったMACアドレスを指定する』のVirtualBox編。

検証作業を進めて行くと、実はKVM非依存環境で良い事が分かった。そこで、複数ノード・それぞれ狙ったMACアドレス指定する検証をVirtualBox環境で構築した。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
設定項目
  • node01
    • ethernet1.addressType: static
      • ethernet1.address: 52:54:00:00:01:01
  • node02
    • ethernet1.addressType: static
      • ethernet1.address: 52:54:00:00:02:01
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.provider :virtualbox do |v, override|
    v.customize ["modifyvm", :id, "--nic2", "intnet"]
  end

  config.vm.define "node01" do |node|
    node.vm.provider :virtualbox do |v, override|
      v.customize ["modifyvm", :id, "--macaddress2", "525400000101"]
    end
  end

  config.vm.define "node02" do |node|
    node.vm.provider :virtualbox do |v, override|
      v.customize ["modifyvm", :id, "--macaddress2", "525400000201"]
    end
  end
end

注意点

  • macaddressX の数字は、1から始まるindex
  • MACアドレスに : を含めてはいけない
あとがき

VMwareで凝った設定をしようとするとVMXの知識が必要であるように、VirtualBoxで凝った設定をしようとするとVBoxManageコマンドの知識が必要となる。

参考文献



編集
@hansode at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

あの環境・あのMACアドレスを持った構成を手元に再現したい

logo_vagrant-81478652

複数ノード、かつ、それぞれ狙ったMACアドレス指定した検証をしたい時。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VMware Workstation 10.0.1 build-1379776
設定項目
  • node01
    • ethernet1.addressType: static
      • ethernet1.address: 52:54:00:00:01:01
  • node02
    • ethernet1.addressType: static
      • ethernet1.address: 52:54:00:00:02:01
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.provider :vmware_workstation do |v, override|
    v.vmx["ethernet1.present"]        = "TRUE"
    v.vmx["ethernet1.vnet"]           = "VMnet11"
    v.vmx["ethernet1.connectionType"] = "custom"
    v.vmx["ethernet1.virtualDev"]     = "e1000"
    v.vmx["ethernet1.wakeOnPcktRcv"]  = "FALSE"
    v.vmx["ethernet1.addressType"]    = "generated"
  end

  config.vm.define "node01" do |node|
    node.vm.provider :vmware_workstation do |v, override|
      v.vmx["ethernet1.addressType"] = "static"
      v.vmx["ethernet1.address"]     = "52:54:00:00:01:01"
    end
  end

  config.vm.define "node02" do |node|
    node.vm.provider :vmware_workstation do |v, override|
      v.vmx["ethernet1.addressType"] = "static"
      v.vmx["ethernet1.address"]     = "52:54:00:00:02:01"
    end
  end
end
あとがき

少々複雑になって来ると、プログラムを書ける人でないと、厳しくなって来るか。

参考文献



編集
@hansode at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

デフォルト設定はヘッドレス

logo_vagrant-81478652

特にマシンイメージそのものを検証する場合は、コンソール窓が必要となる。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VMware Workstation 10.0.1 build-1379776
設定項目
  • gui: true
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.provider :vmware_workstation do |v, override|
    v.gui = true
  end
end
あとがき

VMware Workstationかつヘッドレスモードだと、管理UIすら出て来ないので、手元に仮想マシンが動いてる事すら忘れてしまう。そうすると、うっかりそのままシャットダウンしてしまいそうなので、基本的にコンソール窓を表示させてる事が多い。特に毎日シャットダウンするようなラップトップの場合は。

参考文献



編集
@hansode at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベアメタルと似た構成にしたくて

logo_vagrant-81478652

欲しかったのは複数NIC、更には別ネットワークに属している構成。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VMware Workstation 10.0.1 build-1379776
設定項目
  • nic: 3
  • network: 3
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.provider :vmware_workstation do |v, override|
    # eth1
    v.vmx["ethernet1.present"]        = "TRUE"
    v.vmx["ethernet1.vnet"]           = "VMnet11"
    v.vmx["ethernet1.connectionType"] = "custom"
    v.vmx["ethernet1.virtualDev"]     = "e1000"
    v.vmx["ethernet1.wakeOnPcktRcv"]  = "FALSE"
    v.vmx["ethernet1.addressType"]    = "generated"

    # eth2
    v.vmx["ethernet2.present"]        = "TRUE"
    v.vmx["ethernet2.vnet"]           = "VMnet12"
    v.vmx["ethernet2.connectionType"] = "custom"
    v.vmx["ethernet2.virtualDev"]     = "e1000"
    v.vmx["ethernet2.wakeOnPcktRcv"]  = "FALSE"
    v.vmx["ethernet2.addressType"]    = "generated"

    # eth3
    v.vmx["ethernet3.present"]        = "TRUE"
    v.vmx["ethernet3.vnet"]           = "VMnet13"
    v.vmx["ethernet3.connectionType"] = "custom"
    v.vmx["ethernet3.virtualDev"]     = "e1000"
    v.vmx["ethernet3.wakeOnPcktRcv"]  = "FALSE"
    v.vmx["ethernet3.addressType"]    = "generated"
  end
end

vnet0, vnet8は予約されてそう/良く利用されている と言う何となくの経験則により、避けた。

あとがき

設定に迷ったら、構成したい内容でUIからVMを作成し、vmxファイルを覗いてみると、どのパラメタが、どの項目に当てはまるかが、分かる。VMX Hacksに近い。

参考文献



編集
@hansode at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな開発ワークフロー改善へ

logo_vagrant-81478652

手元のラップトップでKVM環境を検証したくて、VMware Workstationを使い始めた。残念ながら、今のVirtualBoxではKVMを使えないのだ。きっとそのうち使えるようになるのだろう。待ってはいられないので、VMware Workstationを使う。

使い捨て環境となるのは必至。Vagrantも使い始める事にした。少し調べてみて分かったのは、世に出回ってる設定例がVirtualBox構成ばかりで、VMware構成は余り見かけない事。そこで、手元の環境で設定する事が多い項目を少しずつ自分用メモとして書き溜めて行く事にした。今回は第一弾、最も基本となる設定。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VMware Workstation 10.0.1 build-1379776
設定項目
  • memory: 2048
  • cpu: 2
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "redhat-64"

  config.vm.provider :vmware_workstation do |v, override|
    v.vmx["memsize"]  = "2048"
    v.vmx["numvcpus"] = "2"
  end
end
あとがき

VMwareの場合は、VMXを直接書いてる感が溢れている。

参考文献



編集
@hansode at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)