日常/未来のために

2015年03月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人作業環境を一撃セットアップ

身近なメンバーに説明する手頃な材料が欲しかったので、本エントリを書いた。

作業ノードを転々としていると、各所に作業環境を構築する回数が多くなる。作業対象が使い捨てである事が増えれば増える程、その傾向が強くなった。構築回数が多いからこそ、整理する機会に恵まれていたとも言う。その結果、今ではログイン後に下記コマンド1行を実行するだけだ。

$ curl -fSkL https://raw.githubusercontent.com/hansode/env-bootstrap/master/build-personal-env.sh | bash

build-personal-env.shの処理を掘り下げて行く。

build-personal-env.sh 処理概要

  1. mkdir -p ${HOME}/repos/git/github.com
  2. hansode/dotfiles${HOME}/repos/git/github.com/に配置
    1. cd ${HOME}/repos/git/github.com/ && make
    2. make 実行により、自分好みのdotfilesが配置・セットアップされる

dotfilesdotfileだけを管理し、env-bootstrapdotfilesをセットアップする。dotfilesにセットアップスクリプトを置いても良いが、役割分担を明確にする為にも別プロジェクトで管理している。今(2015/03/27現在)は、たまたまdotfilesしか扱ってないが、他のプロジェクトを扱いたい場合は、今の様に役割分担してる方が柔軟な管理が可能。かつては別プロジェクトを扱っていた経緯がある。

dotfilesが環境を判定

作業対象は複数あり、プラットフォーム毎に必要なdotfileが異なって来る。

  • Cygwin 1.7 / Windows 8.1
  • MacOS 10.10 (Yosemite)
  • Raspbian 7.6 (Wheezy)
  • Fedora release 20 (Heisenbug)
  • CentOS-6.6/6.5/6.4
  • CentOS-7.0.1406

例えばCygwin環境にはDropboxをインストールしているので、Cygwinのホームディレクトリからアクセスしやすいようにしている。また、CygwinとMacOSでは、Vagrantを扱う事があるので、Vagrant環境を整理している。

自身の${HOME}構造を標準化

build-personal-env.shが配置するdotfileswork/repos/git/github.com/dotfiles配下。これは自分だけのルールであり、第三者に強制されるものではない。長年の経験から程よく管理しやすい構造として辿り着いた構造は、下記の通り。

まとめ

自分が実施して来た手順を整理すると、こうなる。

  1. dotfilesを整理する
  2. dotfilesをセットアップするスクリプトを管理
  3. ${HOME}構造を標準化する
  4. 1〜3を繰り返す

自分は上記順序で整理して来たが、1〜3の順序に根拠や強制力は無い。整理出来そうな所から整理すれば良い。重要なのは、整理する事だ。

関連成果物




編集
@hansode at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加

@mirakuiさんの1年前の自分と暮らす - 昼メシ物語を参考にmirakui/retrobotを導入してみた。

過去5年分のツイートをするretrobot達:

retrobot検証環境

retrobot環境構築には、Vagrantを利用し、下記リポジトリにまとめた。

これを使うと、自分が利用している環境と同環境を手に入れられる。これから構築する場合には役に立てるかも知れない。なお、システム要件や構築手順は本エントリの主題からはずれるので、省略する。

ところで、何故5年分なのか?

当初は先輩retrobotさん達と同様に、1年前のツイートをさせるbotのみだった。

数日間、1年前のツイートを観察してみると、自動化作業は収束しつつある時期だった。それ以前の自動化と悪戦苦闘していた約3年前までのツイートに興味が広がった。

更に数日運用してみると、CI環境構築以前の自分自身にも興味が出て来た。

今の所は、5年分で落ち着いている。これ等5年分のretrobot達を専用リストに登録し、自分の『1〜5年前の今』を振り返っている。

ヒントが詰まっている

過去のツイートには、これまでの自動化へのプロセスが記録されている。今の自分の記憶から揮発しているような情報の数々だ。これ等は最近増えているCIに関する質問者が、どの様に困っているのか、それを知るヒントに近い物が多々詰まってるはず>である。過去の自分を今の自分が活用し始めようとしている。

未来のために。

お礼

生みの親の@mirakuiさん、そして、先輩retrobotを運用している@sonotsさんと@kenjiskywalkerさんには、導入に関して助言を頂いた。この場 にて、お礼申し上げます。

参考文献

続きを読む


編集
@hansode at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加

本エントリは、@mikedaさんの下記エントリに影響を受け、書き始めた。

自分もblogへアウトプットしていなくなっていた。自分も書かなくなった理由を振り返ってみた。

約3年前からアウトプット先がGitHubへ

内容と共に、アウトプットが多い順に並べる。

定期的にblogエントリを書いていた頃よりも、総アウトプット数は増えている。例えば、約1年前の時点でGitHubの芝生を365日間以上継続して生やした事がある。

なお、コミットの大半は、インフラのコード化作業(Code as Infrastructure)だ。どうやら、GitHubにアウトプットして満足感を得て終わってしまってたようである。仕事そのものは上手く運ぶようになった。

総アウトプット数が増加した一方で、減少したのは中長期的に振り返る事だ。そう、、、blogだ。

振り返りツールとしてのblog

GitHubへのアウトプットは、粒度が細かい。それゆえ、概要や中長期的な内容を把握する事は困難である。振り返りツールとしてblogを活用する事が必要だ。かつての自分自身のエントリの大半は、そう言った内容が多かった。振り返りエントリを書き溜めてなかったからこそ、聞かれる事が幾つかある。

  • Wakame-vdc
    • 開発舞台裏
    • 冗長化
  • CI環境周り
    • 変態Jenkinsクラスタ
    • 構築する際の苦労談

これらを週1ペースを目安に、2015年前半でまとめ終えたなら、振り返り習慣を取り戻しつつ、周りが欲するドキュメントの一部を提供出来る。

未来のために。




編集
@hansode at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

6年半を振り返る


当時、転職をしようと思ったのは単純な動機だった。

サーバ管理したい。UNIXの腕を磨きたい。
もう、仕事としてのプログラミングは良いや…

そして転職した先がデータホテル
今なら、トップページの写真の中に顔を覗かせている。
ウォーリーを探せ。



思惑とは裏腹に…


期待通りにサーバエンジニア集団だった。
ただ、大半のスタッフに足りないスキル。それはプログラミング。

プログラムを書けるスタッフが居なかったので、
何となく自分にプログラムを書く案件がアサインされ始めた。

やがて、歯車はズレ始めた…?
心の中では、
もっとサーバいじくりたい

そう、思えば思うほど、サーバをいじくる機会が減って行く。
結果的に、プログラミングのスキルは伸びた。
そして、やりたい事とは違っていた。



当時の熱い思いが蘇る


自問自答。

  • 数百台、数千台のサーバ管理の仕組み作りはしたのか?
  • 今後、数百台、数千台のサーバを相手にする機会はあるのか?
  • やり残したことがあるんじゃないか?

頭の中には、「数千台を管理する仕組み」はほぼ出来上がっている。

このまま形にしないままで良いのか…?

やはり、自分はサーバを相手にもう少し遊びたい。



インフラ作りの専門部隊


4月からインフラ周りを専門にするグループが新設された。
多分、そこなら頭の中の構想を形に出来る部署。

週1日で仕事させてもらえないだろうか…?
週4日は自分の会社で仕事をする。

そんな考えが生まれ始めた。
正社員ではなく、バイトで良い。

オラ、インフラ作りしたいぞ!

何と言うワガママ。



編集
@hansode at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年06月まで


昨日、退職願を提出した。
6月末日をもって退職予定。

最初に伝えたのは1月末。
円滑な引継ぎを重視し、長めの準備期間を設けた。



6年9ヶ月間在籍


小学生が卒業し、中学生になってる月日。
長かったのか、短かったのか。

有給がタップリ余っている。
今月末には最終出社日となる。

ついにチェックアウト!



未来のために描こう


7月から新たなスタート。



編集
@hansode at 15:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年04月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加

仲間が増えた経緯


それはまるで嘘のような…しかし、本当の話。
きっかけは、「おいしいビール」。

元同僚に飲みに誘われ、呼ばれて飲みに行ったのが去年末。
元同僚が連れて来た同僚。

▼その日の面子
自分 - 元同僚 - 元同僚の同僚(M君)

この時の印象は
「技術持ってて、新技術に興味が沢山ある若者」

その後、何度か飲みに誘われた。



3度目の出合い。そして…


それは突然の報告だった。
M君:「会社、辞めたんですよ」
自分:「え…?何だって?」

丁度その頃、
  • 新会社へ向けて仲間との認識合わせ
  • 賛同してくれそうな人
こう言う場を計画していた。

M君の次の候補の1つとして入れてもらおうと思い、誘ってみた。
そして数日後…仲間入りが決定!



ビールを飲んだら仲間が増えた


何とも自分らしい結果となった。
もしもあの時、飲みに誘われてなかったら…
もしもあの時、飲みに行ってなかったら…
第2、第3の「きっかけはビール」
そんな仲間が増えて欲しい。

人からのお誘い、特に社外の人からのお誘いは
とにかく可能な限り参加するようにしている。

お誘いお待ちしてます!



編集
@hansode at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつか、会社作ろう」


大学生の時、そう約束した友。
飲みながら長々と話し合った。

大企業出身、ベンチャー出身。それぞれ違う経験をして来た。
大企業は大企業の、そして、ベンチャーはベンチャーの長所短所。

駄目な事だけは絶対に再放送したくない。



夢の現実へ向けて準備


現在、着々と準備中。
みんなに報告出来る日が来たら、改めて報告します。



編集
@hansode at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)