日常/life hacks

2015年03月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブドアブログ(livedoor Blog)は、Markdownで書けない

この内容には背景説明が必要だ。

背景1: Markdown生活

GitHubを本格利用し始めた4年前辺りから、Markdown形式でドキュメントを書いている。Markdownは実に単純な形式・規則であり、気持ちよく執筆作業を行える。そして、すっかりMarkdownに慣れてしまった身体では、HTMLを書くのは苦行に近い...。本来書きたい事を書く為の時間だけでなく、HTMLによる整形が、執筆作業の邪魔をする。

背景2: ライブドアブログ(livedoor Blog)を本ブログでは利用している

記事投稿画面のエディタ形式を変える - livedoor Blog ヘルプセンターより(2015/03/01現在):

記事投稿画面のエディタ部分(本文を入力する部分)は、デフォルトでは記事の見た目そのままに近い表示がされる「HTMLエディタ」になっていますが、右上の「HTMLタグ編集」をクリックすると、HTMLタグを直接編集できる画面に切り替えることができます。

エディタの種類は、HTMLかシンプルの2種類。Markdownは対応してないのである。そのうち対応してくれえるのかも知れない。

背景3: 移行か、継続か

Markdown対応ブログサービスへの移行を考えた事もある。サービス移行先候補を使ってみると、無料プラン・有料プランに限らず、上手くURIを引き継げないなどの課題が出て来た。どうにかして・思い切って移行するか、それとも、ライブドアブログを継続利用するか...。検討した結果、移行によるデメリットが大きかったので、ライブドアブログ継続利用に落ち着いた。しかしながら、相変わらずMarkdown形式で書きたかったのである。

どうにかしてMarkdownで書く

MarkdownをHTMLに変換できさえすれば、ほぼ解決する。幾つか試した中で辿り着いたのが、以下の執筆から出稿までのフロー。

  1. Dillingerを使う
    1. Markdownで記述
    2. HTML形式で出力
  2. 出力されたHTMLソースを表示
  3. <body></body> に挟まれた領域をコピー
  4. コピーした内容を、livedoorブログの記事領域に貼り付けて投稿

それぞれの手順内容を補足して行く。

手順1: Dillingerを使いMarkdownで記述しHTMLで出力

Dillingerは、無料で利用可能(2015/03/01現在)。アクセスすると直ぐに利用可能で、以下の様な編集画面が表示される。

  • 左ペイン: Markdown記述領域
  • 右ペイン: プレビュー内容

基本的には左ペインにMarkdown形式で記述して行く。記述した内容は随時プレビューされるので、レンダリング後の状態と、Markdown的に間違いがあるのかどうかを、同時に確認出来る。

手順2: 出力されたHTMLソースを表示

切りの良い所まで書けたら、

  1. メニューバーのEXPORT ASをクリックして開き、
  2. HTMLを選択すると、
  3. HTMLが自動的にダウンロードされる
手順3: <body></body> に挟まれた領域をコピー

  1. ダウンロードされたHTMLをエディタ等で開き、
  2. <body>...</body>で挟まれた領域を選択・コピー
手順4: コピーした内容を、livedoorブログの記事領域に貼り付けて投稿

ここまで来ると、今までのHTMLエディタによる操作と同じである。仮に誤字脱字を見つけた場合は、手順1へ戻り、同じ手順を繰り返す。こうする事によりMakdown対応してないサービスと上手く付き合って行ける。

おまけ: MarkdownをHTMLへ変換するツールの選択

今回紹介した内容ではDillingerだけで完結しているが、自分が一番愛用しているMarkdownエディタサービスは StackEditだ。

このStackeditもMarkdownからHTMLを出力可能だ。しかしながら、StackEditが出力したHTMLには着色やレイアウト用途の余計なHTML要素が含まれている。この余計な要素は、シンプルなHTMLを期待するツールとの相性が悪い。

今回紹介したDillingerでは、シンプルなHTMLを出力してくれる。Markdownに対応してないサービスとの連携に注目した場合は、Dillingerが良い訳である。

あとがき

本エントリでは、Markdownファイル管理については触れていない。例えばMarkdownエディタが持ち合わせている管理機能を使って管理すれば良い。参考ままでに、自分は専用Gitリポジトリで管理している。この管理方法に関する内容は本エントリの主題から逸れるので、触れないでおく。




編集
@hansode at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「hostsファイルってどこにあるんだっけ…?」


どこかにある事は覚えている。
ただ、どこにあるのかをはっきりと覚えていない。



ショートカットを作る


例えばデスクトップにでもいい。
ランチャーにでもいい。

分かりやすい所にショートカットを作るだけ。

Webアプリケーションのプロトタイプを作ってる人は、
hostsファイルを編集する事が多いはず。

自分はその類。



編集
@hansode at 10:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年09月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加

■エライ人同士のメール

エライ人からエライ人へのメール。
一通目のメールへの返事が無い時の魔法の言葉。


○○さん

お疲れ様です。△△です。

お元気でしょうか。。?


内容は「お元気でしょうか。。?」だけ。
すると不思議な事に返事が来る。


■エライ人とぺーぺーのメール

これをそのまま、「たむけん」的なエライ人宛メールに利用してみた。
するとどうだろう…

反応なし!!!


どうやら偉い人同士でしか響かない言葉のようだ。
ぺーぺーが使うと効果ゼロ?敷居が高い。

「お元気でしょうか?」



編集
@hansode at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ひらめき」最近経験したのは4割、高所得者は「ひらめく」割合が高い - コクヨより

最近ひらめいた経験が「ある」人は41.4%、
そのうち年収1000万以上の高所得者層については
平均より13ポイント高い54.5%となっている。


ひらめく事は多い。
しかし、年収は違う!

ひらめいたのは「1人のとき(44.2%)」が多く、
ひらめきやすい場所の上位は「布団・ベッドの中(29.7%)」
「お風呂(21.8%)」、「車の中(21.8%)」、
などくつろぎの空間が多く上げられている。


・歩いてる時
・シャワー浴びてる時
・トイレ

煮詰まると、よくトイレへ行く。


ひらめきやすい時については
「何もしていないとき」や「寝る前」など
ひらめきやすい場所と同様のくつろぎの空間が挙げられている。


・ぼけぇ〜っと、無意識なっている時

何の前触れも無く、突然『そうだ!!!』と言う瞬間がやって来る。
その瞬間がタマラナイ。



編集
@hansode at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼失敗は繰り返す
自分は新規エントリを投稿する時、タグを入力し忘れる。
しかも、何度と無く失敗を繰り返す。


▼あったらいいな…
 『タグを忘れるな!』と付箋紙を貼れたら便利だな

そう思ってたら、まさにピッタリのものがあった。


▼便利ツール発見
Internoteと言うFirefoxのアドオンを使うと
webページ毎に付箋紙を貼り付けられる。


▼カイゼン
インストールし、入力防止の為の付箋をタグ入力項目付近に貼り付けた。
とにかく目立つ。これでタグを入力し忘れる事はなくなった。

『いつも同じミスして困ってる』と言う人は一度お試しあれ。



■関連リンク
Webページごとに付箋紙を貼り付けられるFirefox拡張機能「Internote」
Internote



編集
@hansode at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

今までやっていた事は項目を箇条書き

頭の中でまとまり切っていない事をまとめるのにマインドマップを使ってみた。
手元にあるA4サイズのホワイトボードにアイデアを書き出す。

▼感想
・マインドマップは思っていた以上にアイデアをまとめやすい
・何が良くて何が駄目かを自問自答しやすい
・箇条書きと違い、書くスペースを気にしない
・ホワイトボードだとすぐに消せるのでお手軽
・ブレスト時に使うと丁度良さそう

手書きだと気分転換になって新たなアイデアが出て来る事が多い。
最後にまとまった事をノートに書き溜める。



編集
@hansode at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月07日

このエントリーをはてなブックマークに追加

左手でマウスを操作している時の違和感。

それは…マウスポインタが右利き用である事。
左利き用マウスポインタを誰かが作っているだろうと思って探して
みたら、まさにそれを発見した。

 左利き用マウスポインタ

早速設定してみた。快適そのもの。
ちょっと変更するだけでストレスフリー。



編集
@hansode at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「左利き」は天才?―利き手をめぐる脳と進化の謎
デイヴィッド ウォルマン David Wolman 梶山 あゆみ
日本経済新聞社
売り上げランキング: 95041


幼い頃に右手を使うように強制され、左利きの面影が多少残るだけ。

▼右手
・字を書く
・箸を持つ

強制されないものに関しては左利きが顔を出す。

▼左手
・ボールを投げる
・バッター
・歯磨き

とは言え、日常生活ではやはり右手を使う機会が多い。

左手・右脳を刺激すべく、マウスを左で使い始めてみた。
マウスの設定を変更し、主ボタンと副ボタンの入れ替え。
脳では左に主ボタンがあると思い混んでいるので脳が大混乱…。

きっと徐々に慣れて行くのだろう。



編集
@hansode at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)