2014年12月20日

#WakameVdc コンポーネントから見た検証環境の構成変化

このエントリーをはてなブックマークに追加

Wakame-vdc / OpenVNet Advent Calendar 2014 12/20担当 (5回目)

enter image description here

開発の話は、開発担当者にお任せし、自分はCI環境周りの裏側のお話。
書けるネタは多々ある事が悩ましい。今回は、このネタを。

これまでの開発環境の概略

前回 は開発環境の構成履歴に触れた。

env-changelog

コンポーネントから見た構成変化

Wakame-vdcのコンポーネントを大きく2つに分けると、dcmgrとhvaに分けられる。それを踏まえ、変化の経歴を振り返ってみる。

env-changelog2
V0: Hva 1台構成
  • 構成概要
    • 全部入り
    • dcmgrとhvaを、1台の物理上で起動
  • 問題・課題
    • コンポーネント単位の評価・検証を行えない
V1: Dcmgr VM化
  • 構成概要
    • dcmgrとhvaを明確に分離
    • dcmgr用に専用VMを作成
  • 問題・課題
    • 複数ホスト間のセキュリティグループ検証
    • L3越え
V2: Hva複数台構成
  • 構成概要
    • hvaを複数台構成にし、L3越え対応
  • 問題・課題
    • 1拠点内の検証
    • 内外通信の検証を行えない
V3: 2拠点構成
  • 構成概要
    • 複数拠点対応
  • 問題・課題
    • 今の所無し

あとがき

こう言った視点においては、V4が登場する事は無さそうか。敢えて何か定義するならば、V3管理レイヤーだろうか。




編集
@hansode at 10:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。