2014年12月16日

Wakame-vdc / OpenVNet 開発環境の改善履歴

このエントリーをはてなブックマークに追加

Wakame-vdc / OpenVNet Advent Calendar 2014 12/16担当 (4回目)

enter image description here

引き続き、開発の話は、開発担当者にお任せし、自分はCI環境周りのお話。

開発環境構成履歴

主にCI環境周りにおいて改良・改善して来た4世代分の簡単なまとめ。

V0: Real / 〜2012.08
v0
  • 運用状況
    • 新プロジェクトが発足する度に物理購入
    • 1プロジェクトにつき1物理
    • 時には相乗り出来そうなサーバに相乗り
  • 問題・課題
    • 後日使う可能性ががあるので、環境塩漬け
    • 慢性的に環境不足気味
V1: KVM / 2012.09〜2014.03
v1
  • 運用状況
    • ハードウェア依存しない環境から順にKVM化
    • スクラッチビルドスクリプトによる仮想マシンイメージ作成
    • 開発対象は常にビルドスクリプトセット
  • 問題・課題
    • KVM依存環境の試験・検証
V2: Nested KVM / 2014.04〜2014.10
v2
  • 運用状況
    • KVM依存環境の試験・検証
    • 環境クローン化
    • IPアドレス・MACアドレスのレベルまで複製された複数の検証環境
    • 物理ホスト用OSにfedora-20を採用
  • 問題・課題
    • 1物理内に同一Nested KVMクラスタ構築
V3: Nested KVM on LXC / 2014.11〜現在
v3
  • 運用状況
    • 高い集積率
    • Wakame-vdcクラスタとOpenVNetクラスタが1物理に同居
  • 問題・課題
    • 今の所、無し
    • 敢えて挙げるなら、冗長化

あとがき

V4を探す旅に出ます。




編集
@hansode at 10:30│Comments(0)TrackBack(0)Wakame 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。