2014年02月22日

Vagrant-VirtualBoxにおける基本設定Vagrantfile - 複数内部ネットワーク・NICグループ化

このエントリーをはてなブックマークに追加

bondingを検証したい

logo_vagrant-81478652

bondingを3セット、そんな検証環境が欲しかった。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VirtualBox 4.3.6 r91406
設定項目
  • NIC枚数: 7(6枚追加)
  • インターナルネットワーク: 3本
Vagrantfile

bondingインターフェースとスレーブインターフェースの構成。

  • bond0
    • eth1
      • eth2
  • bond1
    • eth3
      • eth4
  • bond2
    • eth5
      • eth6
    # -*- mode: ruby -*-
    # vi: set ft=ruby :

    # Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
    VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

    Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
      config.vm.box = "centos-6-x86_64"

      config.vm.provider :virtualbox do |v, override|
        config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true

        # bond0: eth1, eth2
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic2",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic3",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet2", "bond0"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet3", "bond0"]
        # bond1: eth3, eth4
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic4",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic5",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet4", "bond1"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet5", "bond1"]
        # bond2: eth5, eth6
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic6",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--nic7",   "intnet"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet6", "bond2"]
        v.customize ["modifyvm", :id, "--intnet7", "bond2"]
      end
    end

ここで注目したいのは、単にintnetを追加するだけでなく、bondingペア毎にintnetを構成してる事。--intnetXで指定しない場合は、VirtualBoxは全て "intnet" としてインターネットワークを構成する。

あとがき

もはやVBoxManageコマンドを相当意識しないと細かな設定を行えない。

参考文献



編集
@hansode at 13:00│Comments(0)TrackBack(0)Vagrant 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。