2014年01月26日

Vagrant-VMwareにおける基本設定Vagrantfile - 複数NIC/Networking

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベアメタルと似た構成にしたくて

logo_vagrant-81478652

欲しかったのは複数NIC、更には別ネットワークに属している構成。

検証環境
  • Windows 8.1
  • Vagrant 1.4.3
  • VMware Workstation 10.0.1 build-1379776
設定項目
  • nic: 3
  • network: 3
Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-6-x86_64"

  config.vm.provider :vmware_workstation do |v, override|
    # eth1
    v.vmx["ethernet1.present"]        = "TRUE"
    v.vmx["ethernet1.vnet"]           = "VMnet11"
    v.vmx["ethernet1.connectionType"] = "custom"
    v.vmx["ethernet1.virtualDev"]     = "e1000"
    v.vmx["ethernet1.wakeOnPcktRcv"]  = "FALSE"
    v.vmx["ethernet1.addressType"]    = "generated"

    # eth2
    v.vmx["ethernet2.present"]        = "TRUE"
    v.vmx["ethernet2.vnet"]           = "VMnet12"
    v.vmx["ethernet2.connectionType"] = "custom"
    v.vmx["ethernet2.virtualDev"]     = "e1000"
    v.vmx["ethernet2.wakeOnPcktRcv"]  = "FALSE"
    v.vmx["ethernet2.addressType"]    = "generated"

    # eth3
    v.vmx["ethernet3.present"]        = "TRUE"
    v.vmx["ethernet3.vnet"]           = "VMnet13"
    v.vmx["ethernet3.connectionType"] = "custom"
    v.vmx["ethernet3.virtualDev"]     = "e1000"
    v.vmx["ethernet3.wakeOnPcktRcv"]  = "FALSE"
    v.vmx["ethernet3.addressType"]    = "generated"
  end
end

vnet0, vnet8は予約されてそう/良く利用されている と言う何となくの経験則により、避けた。

あとがき

設定に迷ったら、構成したい内容でUIからVMを作成し、vmxファイルを覗いてみると、どのパラメタが、どの項目に当てはまるかが、分かる。VMX Hacksに近い。

参考文献



編集
@hansode at 14:00│Comments(0)TrackBack(0)Vagrant 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。