2012年11月01日

#vmbuilder.sh 開発記 (1/n) - CentOS 5 のKVM仮想マシンイメージを作成可能へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

複数ディストリビューション対応へ向けて

ギーク達はfedora対応を希望

前回のエントリに反応してくれたギーク達は、CentOSよりもfedora対応を希望していた。『fedora対応…!』と思ったけども、fedoraを使ってないので良くわかってない。それよりは、複数ディストリビューション対応への準備体操として、CentOS 5対応に着手してみた。

検証環境

インストール
$ git clone git://github.com/hansode/vmbuilder.git
実行方法
$ cd vmbuilder/kvm/rhel/6/
$ sudo ./vmbuilder.sh --distro-name=**centos** --distro-ver=**5**

実行してから約10分程度で実行したディレクトリ直下に仮想マシンイメージが作成される。

2012/11/01現在の対応ディストリビューション

distro-name と distro-ver に指定可能な組み合わせは下記の通り。

  • centos 5 (5.x)
  • centos 6 (6.x)
  • sl 6 (6.x)

新規追加されるタイミングは、今の所、自分が欲しいと思う時か、聞こえて来る周りからの声。

問題点

rhel6環境でrhel5を構築すると、仮想マシンイメージを作成可能ではあるが、rhel5環境としては不完全だ。

  • 今のvmbuilder.shの仕様では、ホスト環境のyumコマンドでゲスト環境を構築する
  • ゲスト環境におけるrpmdbのフォーマットは、ホスト環境に依存する

個人的に困ってないので、しばらくの間は保留扱い。

改善案

検証すべき項目

  • ホスト環境とゲスト環境を一致させる
    • 例) rhel5用仮想マシンイメージを構築する場合は、rhel5環境で行う
  1. post installフェーズで、rpmdbを変換するなどの対応をする
  2. yumコマンドかyum.confにrpmdbのバージョン指定する方法があれば、指定してみる

上記のうち、 1 が良さそうなので、対応手段は、構築フェーズを分ける事だろうか。

  1. ゴールとなる仮想マシンをビルドする為のビルド環境(1次chroot環境) を構築
  2. 構築されたビルド環境(1次chroot環境)にて、ゲスト環境(2次chroot環境)を構築
  3. ホスト環境にてマシンイメージ化

これで対応出来そうな気がするので、あとは検証・実装するだけの事。この辺をしっかり実装しておかないと、fedora対応も大変そう。

あとがき

環境差異が発生するとは面白い事。

フィードバックなど

希望するネタ等、フィードバック、大歓迎です。



KVM徹底入門 Linuxカーネル仮想化基盤構築ガイド
平 初 森若 和雄 鶴野 龍一郎 まえだ こうへい
翔泳社
売り上げランキング: 51792



編集

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。