2008年04月20日

振り返り。そして、やり残したこと、やりたい事。

このエントリーをはてなブックマークに追加

6年半を振り返る


当時、転職をしようと思ったのは単純な動機だった。

サーバ管理したい。UNIXの腕を磨きたい。
もう、仕事としてのプログラミングは良いや…

そして転職した先がデータホテル
今なら、トップページの写真の中に顔を覗かせている。
ウォーリーを探せ。



思惑とは裏腹に…


期待通りにサーバエンジニア集団だった。
ただ、大半のスタッフに足りないスキル。それはプログラミング。

プログラムを書けるスタッフが居なかったので、
何となく自分にプログラムを書く案件がアサインされ始めた。

やがて、歯車はズレ始めた…?
心の中では、
もっとサーバいじくりたい

そう、思えば思うほど、サーバをいじくる機会が減って行く。
結果的に、プログラミングのスキルは伸びた。
そして、やりたい事とは違っていた。



当時の熱い思いが蘇る


自問自答。

  • 数百台、数千台のサーバ管理の仕組み作りはしたのか?
  • 今後、数百台、数千台のサーバを相手にする機会はあるのか?
  • やり残したことがあるんじゃないか?

頭の中には、「数千台を管理する仕組み」はほぼ出来上がっている。

このまま形にしないままで良いのか…?

やはり、自分はサーバを相手にもう少し遊びたい。



インフラ作りの専門部隊


4月からインフラ周りを専門にするグループが新設された。
多分、そこなら頭の中の構想を形に出来る部署。

週1日で仕事させてもらえないだろうか…?
週4日は自分の会社で仕事をする。

そんな考えが生まれ始めた。
正社員ではなく、バイトで良い。

オラ、インフラ作りしたいぞ!

何と言うワガママ。



編集

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。